状況に応じて日焼け止めを使い分ける方が良い

シワやシミを気にしている人にオススメなのが紫外線対策です。
紫外線には種類があり、シワやたるみの原因となっているものが「紫外線A」、シミやソバカスの原因となるものが「紫外線B」と呼ばれています。
紫外線を浴びると皮膚の老化にも繋がってしまうため、丁寧なケアが必要となります。
具体的な対策として挙げられるのが、日焼け止めのアイテムを利用することです。
例えば日焼け止めクリームや日焼け止めサプリメントが効果的でしょう。
日焼け止めのアイテムには、「PA」や「SPF」といった文字が書かれています。
これは紫外線を防ぐ効果を表すものです。
「PA」は紫外線Aを防いでくれる効果を示すもので、「PA」の後ろに「+」のマークが表示されます。
このマークが多いほど、効果が高いと言えます。
「SPF」は紫外線Bを防ぐ効果を持っています。
これは5から50の数値で表記されます。
数値が高いほど、効果が高いものとなります。
効果の高いものを選んでおく方が良いですが、予算的な部分を考慮すると、あまり高価なものは買えないという人もいるでしょう。
そのようなときは状況に応じて使い分けるのがオススメです。
例えば日常生活で出歩く程度であれば、SPFが10以上で、PA+以上のものを選べば、紫外線の影響は少なくなります。
炎天下でレジャーを楽しむ場合は、SPFが30以上で、PA+++と表記されているものが好ましいです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク