トリニティーラインの生みの親、ドクタープログラムを徹底解析!

トリニティーラインを作っているのがドクタープログラムです。
この会社はどんなことをしているのか解析をするので商品購入の目安にするといいでしょう。

2017年にドクタープログラムは大正製薬グループの会社となり新たな一歩を踏み出しました。
健康と美を願う人を手助けしているサービスで、安全を重視した商品開発を掲げているのが特徴です。

自体は刻々と変化するのですがそれに対応するために品質の高い化粧品を開発しています。

ドクタープログラムの経営ビジョン

経営のビジョンは

  • 時代と環境の変化に柔軟に対応できるように研究と開発を進める
  • 生活者のニーズに対応できる商品を作る

製薬発想から生まれるテクノロジーを使い商品を開発します。
ナノテクノロジーはナノレベルで成分や素材を制御する技術でクレンジングや洗顔料を除くスキンケア商品に採用しているのが特徴です。
角層の隅々まで成分が行き渡るので美容成分を確実に届けてくれるのが特徴となっています。

品質の高い商品を開発できるようにドクタープログラムのスキンケア研究所を設立しているので必見です。
ここでは効果と安全の高い次元で両立させる研究を行ない、研究レポートはホームページで紹介しています。
例えばウルソル酸がしわに効果的な役割を持つというレポートもあるので美容に興味のある人は見ておくといいでしょう。

ドクタープログラムの技術へのこだわり

技術へのこだわりは有効な成分をただ化粧品に配合するだけでなく、成分の効果を十分に発揮できるように化粧品を作っています。
バリアカプセルは人の肌の成分構成を基にして作られているもので細胞間脂質を構成するセラミドや脂肪酸を含んでいるのが特徴です。
カプセルが肌に触れると弾くことなく自然と受け入れることができるように作られているので確実に深部に届けてくれます。

成分も特徴です。
ウルソル酸はローズマリーやセージ、デュボイシアといった植物に含まれているものを配合しているので必見です。
カンゾウエキスは和漢植物として知られている甘草をから摘出した自然の成分となっています。
メラニン色素の合成の鍵を握っているチロシナーゼの働きを抑えるものです。

実際にドクタープログラムが設立されたのは2001年3月、2002年4月にはトリニティーライン(https://trinitylinekuchikomi.net)を販売して2003年には多重層リポソームについて平均直径40ナノメートルでの実用化達成しています。

翌年にはリクイドファンデーションを販売と数多くの実績を持っているサービスです。
品質の高いスキンケア商品を買いたいなら検討してみましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク