生コラーゲン美容液はツルハで購入できる?

最近、非常に多くの女性の間で大きな話題を集めている生コラーゲン入りの美容液は、ツルハドラッグでも販売されているため、そこでも購入することができます。
ちなみにツルハドラッグで販売されている生コラーゲン美容液は、商品名をナノインパクトプレケアエッセンスといい、お肌の潤いをしっかりと保ち角質層を滑らかな状態に整える効果を持っています。
この商品の特徴の一つは、美容液としてのプレケアエッセンス一本と、化粧水としてのプレケアウォーター一本がセットになっているということです。
簡単に言えば、フリーズドライタイプつまり凍結乾燥された美容液を、ウォーターで溶かして使用するタイプのものと言うことができるのです。
一般的に言って、最近では生コラーゲン入りの商品が非常に多く販売されるようになってきています。
この生コラーゲンがこれほどの注目を集めている理由の一つは、これまで多くの化粧品に使用されていた加水分解コラーゲンと比べてみると、何倍もの保水力があるという特徴があるという点にあると言ってよいでしょう。
それに加えて、せっかくの保水力をより十分に実感できるようにするため、お肌の角質層にまで浸透させるよう様々な方法が用いられているのです。
ツルハドラッグでも購入することができる生コラーゲン入り美容液の場合、この注目の生コラーゲンをナノカプセルに巻きつけるかのようにしてお肌の奥深くまで浸透させることができるようになった商品であると言うことができます。
そんな人気の美容液を使ってみたいのはやまやまだが、ツルハドラッグまでなかなか買いに行くことが難しいと言う人もいることでしょう。
中には、お店までわざわざ出向くのが面倒だと感じる人もいれば、自宅や職場の近くにお店がなく大変不便だという場合もあります。
そのようにどうしてもツルハドラッグまで買いに行けない場合には、ネット通販を上手に利用して購入するのも良い方法であると言えるでしょう。

カテゴリー: 未分類 | 生コラーゲン美容液はツルハで購入できる? はコメントを受け付けていません。

美意識高く!紫外線対策をしてきれいな肌を守ろう

日焼けした肌は健康的に見えたり、体が引き締まって見えたりする効果もありますが、実はシミやシワの原因になることをご存知でしょうか?
そう考えると、紫外線対策をきちんとして、お肌をきれいに保ちたいと思っている人も少なくありません。
紫外線の量は、夏はもちろんそれ以外の季節も極端に減ることはありません。
そのため、外出する予定がある時は季節を問わず日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。
日焼け止めクリームのSPFの数値は、外出先の天候や季節、外出する時間などを考慮して選ぶと良いでしょう。
また、全身に同じものを使うのではなく、顔には顔用のクリームを体には身体用のクリームを塗るようにしましょう。
それから、日焼け止めクリームは一度塗っただけだと、だんだんと効果が落ちてきてしまいます。
外出時も持ち歩くようにして、こまめに塗り直すことも大切です。
他にも、強い日差しでお肌へのダメージが心配だという場合は、UV加工がされたガーディガンを着るなどして直射日光を避けるのもいいです。
このようにして、いつでも美意識を高く持ち紫外線対策をすることで、シミやシワを作りにくくしていきましょう。
もし、日焼けをしてしまったあとはしっかりと保湿するなど、ケアを忘れないようにしてください。

カテゴリー: 未分類 | 美意識高く!紫外線対策をしてきれいな肌を守ろう はコメントを受け付けていません。

状況に応じて日焼け止めを使い分ける方が良い

シワやシミを気にしている人にオススメなのが紫外線対策です。
紫外線には種類があり、シワやたるみの原因となっているものが「紫外線A」、シミやソバカスの原因となるものが「紫外線B」と呼ばれています。
紫外線を浴びると皮膚の老化にも繋がってしまうため、丁寧なケアが必要となります。
具体的な対策として挙げられるのが、日焼け止めのアイテムを利用することです。
例えば日焼け止めクリームや日焼け止めサプリメントが効果的でしょう。
日焼け止めのアイテムには、「PA」や「SPF」といった文字が書かれています。
これは紫外線を防ぐ効果を表すものです。
「PA」は紫外線Aを防いでくれる効果を示すもので、「PA」の後ろに「+」のマークが表示されます。
このマークが多いほど、効果が高いと言えます。
「SPF」は紫外線Bを防ぐ効果を持っています。
これは5から50の数値で表記されます。
数値が高いほど、効果が高いものとなります。
効果の高いものを選んでおく方が良いですが、予算的な部分を考慮すると、あまり高価なものは買えないという人もいるでしょう。
そのようなときは状況に応じて使い分けるのがオススメです。
例えば日常生活で出歩く程度であれば、SPFが10以上で、PA+以上のものを選べば、紫外線の影響は少なくなります。
炎天下でレジャーを楽しむ場合は、SPFが30以上で、PA+++と表記されているものが好ましいです。

カテゴリー: 未分類 | 状況に応じて日焼け止めを使い分ける方が良い はコメントを受け付けていません。